高校生は「高校生可」の求人案件しか応募できない制約があるので、案件ごとに可か不可かを確認しなくてはいけないのがとても面倒ですよね。

そんな面倒は、ネットでバイトを探すことで簡単に解消できるのを知ってましたか?


ネットのバイト求人サイトでは、「高校生可」の案件だけを抽出することができるので、その中からあなたがやりたい案件を探すだけでOKです。
もちろん、同じように短期バイトも抽出できるので、高校生が可能な短期バイトも簡単に見つけることができます。そんな便利な求人サイトをご紹介します。探し方も簡単に書いておきましたので参考にどうぞ(*'ェ'*)ノ

■求人サイト一覧と探し方

【探し方】
サイト中央あたりにある「人気のこだわり条件のアルバイト」の中にある「短期・単発」をクリック。   その後、あなたが働きたい地域を地図から選び、「こだわり」欄の「高校生OK」にチェックを入れて検索するだけで簡単に抽出することができます。

【探し方】
バイトークと同様に地域を選択。次に、「高校生歓迎」をクリック。あとは働きたい地区や職種を選択して検索するだけ。   あなたが働きたい地域で募集している「高校生可」の案件が抽出されます。期間などを指定することで短期バイトの求人案件の絞り込みも可能です。

【探し方】

他のサイトと同様に、まずは地域の選択します。   その後、「こだわり条件」を押し、「高校生歓迎」にチェックマークを入れて検索して抽出。短期バイトを希望する場合は、さらに「フリーワード」欄に「短期」や「土日」などの検索語を入れて検索することで見つかります。

【アルバイトの思い出】
私のアルバイト生活は高2からでした。学校も家も厳しくて禁止されていたのですが、年末年始の短期モノはなんとか強引に行くことに成功。初めてお金を貰う仕事をした思い出は今も記憶に残っています。(深夜勤務だったのにもかかわらずです) 本格的には大学生になってからなのですが、仕事を通じて学んだことは、社会に出てからも大いに役立っていると実感しています。また、仕事力以外にもたくさんの友達ができたことも大きなプラスであることは間違いありません。職場を変えるごとに友達が増えるというような感じでしたね。 もしも生まれ変わるとしたら、高1からバリバリ働きたいですね。学校で学ぶことよりも大切なことを学べるような気がするので。もちろん、学業も疎かにしませんが、学業に専念というのはなんてもったいない学生生活だろうと思ってしまいます。 その頃は他校での恋人なんかもできるチャンスがあるでしょう。他校の人と付き合っているって言ったらちょっとカッコイイですよね。大人になったら違う会社の人と付き合っているって言っても何もカッコ良くないのですが、学生だとなぜかカッコ良く感じてしまいますよね。 こんなに良い経験ができて、なおお金を貰えるという幸せな環境であるという認識を持って、社会人として自覚を持って真剣に職務に励んでいただけたらと思います。正社員ではないと言えども、確実に社会の一員として働いているわけですからね。本当に良い経験をさせていただいたと思っています。